・薬剤師

薬剤師となるには、
原則として大学において6年制の薬学部を
卒業しなければなりません。

さらにその後、薬剤師国家試験に合格する必要があります。

薬剤師国家試験は、厚生労働省医薬食品局監修で、
毎年3月末に2日間にわたって行われます。

問題は全部で240問あり、その内訳は基礎薬学が60問、
衛生薬学が40問、薬事関係法規・制度が20問、
医療薬学が120問(薬理学30問、薬剤学30問、
病態・臨床薬学60問)です。

平成8年より現在の形で行われています。

合格ラインとしては、現行では正解率65%(156問正解)かつ
各科目全てが35%としているものの、
今後、薬剤師の飽和が叫ばれていることから、
合格ラインの引き上げを予想する者もありますが、
先行きは不透明です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。