・司書

司書(ししょ)は、
図書館に置かれる専門的職員(専門職)のことです。

資格要件
日本では、あらゆる種別の図書館にわたって
図書館専門職として勤務することを保障するような、
司書の資格要件は存在しません。

日本で一般に「司書資格」と称されているものは、
公共図書館について規定する法律である図書館法による
「司書となる資格(司書資格要件)」です。

図書館法による司書となる資格は、
第5条に規定されています。

この資格は、図書館学関係の科目が開講されている大学
(短期大学を含む)で、要件とされる単位を修得し、
卒業するか、大学(短期大学を含む)や
高等専門学校を卒業した者が、司書講習
(文部科学大臣の委嘱を受けた大学などで、
夏季等に開講される)を
受講し、所要の単位を修得することによって付与されます。

また、高等学校卒業・中等教育学校卒業・
高等専門学校第3学年修了者については、
司書補の講習を受講して単位を修得すれば
司書補の資格が付与されますが、
3年以上司書補として勤務した者は司書講習を
受講することができ、単位を修得すれば
司書の資格を得ることができます。

ただし、図書館法に基づく図書館であっても司書
必置を義務付けられておらず、
資格を有する司書を置いていない図書館も少なくありません。

図書館法に基づかない図書館では多くの場合、
図書館法による司書となる資格は就職や勤務の
必須の要件とはなりません。

例えば、公開の試験により職員の採用を行っている
図書館法に基づかない図書館として、
国立国会図書館や国立大学法人の図書館があげられますが、
これらはいずれも試験の受験資格に特に資格を
要求していません。

しかし、他に図書館の司書となる要件を保障する資格は
存在しないため、専門図書館の中には図書館法による
司書となる資格を職員採用の条件としていることもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。